fc2ブログ
猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『徳山大五郎を誰が殺したか?』全話無料公開中
すみません(^^;
12月26日からなので後追いの情報です。

期間限定ですが2016年に放送されたドラマ、
『徳山大五郎を誰が殺したか?』が
テレビ東京の公式YouTubeとTverで
期間限定ですが全話無料公開中です。

私がこのドラマの衣装合わせと本読みに伺ったのが
2016年の5月22日でしたので
欅坂46の面々は「サイレントマジョリティー」で
デビューを果たした後一ヶ月余りでこのドラマの
撮影に入ったことになります。

当時の記録としてご覧になられても興味深いものが
あるかもしれません。

公式サイトのアドレスを貼っておきますので
よろしかったら。
YouTubeの各話の検索はご自身でよろしくお願い致します。

公式YouTube  https://www.youtube.com/user/TVTOKYO/feed?activity_view=1

Tver https://tver.jp/feature/f0044327



20191230nika.jpeg

この記事に対するコメント

新年おめでとうございます。
後れ馳せですが。
お知らせ、ありがとうございます。
嶋田家のご多幸を お祈りしています。
処で、ケーブルで「助太刀屋助六」今頃 観せて頂きました。見逃し解消。面白かったです。岡本監督には、思い入れもあるのです。
今年も無理せず どうか、出来るだけマイペースのご活躍を。



【2020/01/04 03:00】 URL | #- [ 編集]


↑ ネーム入れ忘れました(^_^;)
明日からまた 早寝しないと。
【2020/01/04 03:06】 URL | も り や #- [ 編集]

コメレス
>もりやさん
やや遅いですがおめでとうございます(^^;
有難うございます。
もりやさんにとっても良い年でありますように。
「助太刀屋助六」、懐かしいですね。
私の出番は冒頭の一瞬でですが、
結果的にこれが敬愛する岡本監督との
最後の作品になってしまいました。
そうそう敵役の私に立ち向かう仇討姉妹のお一人、
伊佐山ひろ子さんと去年の秋、
再び映画で共演したしました。
あの時以来ですから18年ぶり。
今回は夫婦でした(^^)
公開は多分今年です。
時期がきましたらお知らせいたしますので
その節はよろしくお願い致します。
【2020/01/09 21:38】 URL | 久作 #3fIBvpkA [ 編集]


徳山大五郎、懐かしい。嶋田さんが出演されると知って見始めて、欅坂さんのファンになって、あの時全員推しですってコメントして今も継続してます(^.^)
毎回犯人探しに必死になってたのを思い出します。なーこちゃんの方言が可愛くって癒しでした(笑)
【2020/01/13 22:25】 URL | yuina #y8cEsib. [ 編集]

コメレス
>yuinaさん
あれから早いもので4年近く経っていまいました。
偶に彼女たちをテレビなどで見かけると
随分大人びたと感じます。
メンバーも入れ替わりがありましたが、
やはり私は当時関わった21人の幸を願わずには入られません。
【2020/01/18 15:59】 URL | 久作 #3fIBvpkA [ 編集]


お久しぶりです。平手ちゃん、おだなな、もんちゃんの事がショックです。紅白がめっちゃよかったんで、こんなことになるなんて涙
久作さんはどえ思いましたか・・
【2020/02/15 23:46】 URL | てちすけ #- [ 編集]

コメレス
>てちすけさん
お返事が遅れまして申し訳ありません。
そうですね。「徳山」の時は21名でしたから
一期のメンバーは7人が抜けたことになりますね。
あと佐藤さんがお休みされるということですし。
4年という期間が長いのか短いのか、
僕の歳になると、つい昨日という感覚なのですが
彼女たちにとっては全速力で駆け抜けた4年で
あっという間という感覚と振り返ると積み重ねた仕事量の密度で
10年くらい経ってしまった感覚が同時に押し寄せているのではと思います。
一人一人は欅坂の一員であると同時に一個人としての自分があるわけですし
岐路に立つことも当然といえば当然で、
みんな自分と向き合ってそれぞれの方向に進んでいかれるのでしょう。
私個人は寂しい気持ちもあるのですが、幸い「徳山」という作品を見返せば
全員と会えますし、打ち上げの時に頂いた写真と
全員の手紙もあるのでその思い出を抱いて
今はそれぞれの道を行く彼女達にエールを送ろうと思います。
【2020/03/19 16:49】 URL | 久作 #3fIBvpkA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する