猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

乱歩の『押絵と旅する男』を朗読
今年の夏、NHKサービスセンターが
江戸川乱歩生誕120年を記念して制作している
オーディオブックのシリーズの第4弾として
名作『押絵と旅する男』の朗読を収録したのですが、
この度、今月29日から、iTunes,mora,FeBe,でじじ等で
配信を開始しました。

短編とはいえ、
1時間近くに及ぶ朗読をしたのは今回が初めてで、
自身、滑舌に難ありと思っている僕が
お引受して良いのかとも思いましたが、
今作『押絵と旅する男』は、
主人公の旅人と、行き摩りの老人ふたりの語りで
文が構成されているので、
登場人物ふたりの長い台詞と解釈して
良い落としどころを見つければ、
自分がやる意味も出て来るのではと思い、
やらせて頂きました。

1時間朗読を聞くというのも
なかなか根気のいる事かと思いますが、
乱歩の代表作の一つですし、
どんなものかと御挑戦頂けると幸いです。

ご興味のお有りの方は以下のサイトを覗いて見て下さい。
まずは、NHKサービスセンター。iTunes,mora,FeBeへ行けます。

   http://www.nhk-sc.or.jp/haishin/info/info54.html

でじじへはこちらです。

   http://www.digigi.jp/bin/showprod?c=2048360400007



なおこのシリーズ、今作が第4弾と銘打っている事からもお判りのように既に

第1弾として「お勢登場」朗読・永作博美さん、
第2弾「人でなしの恋」朗読・笛木優子さん、
第3弾「人間椅子」朗読・篠井英介さん

が配信されています。

僕なんかよりこちらの方がと思われる方はこれを機会に(^^)




今日の一枚。昨日迄行っていたロケ先で。橋の上から自分撮り?  ※クリックして拡大して下さい

20141029takato.jpg


この記事に対するコメント
こんばんは(*゜ー゜)v
早速、「押絵と旅する男」ダウンロードさせていただき、先程、拝聴しました。
とても乱歩の世界に引き込まれました。

嶋田さんの低音な声に乱歩の物語が似合っておられました。
面白かったです(ちょっと表現が違いました、興味深く聴かせていただきました)
高校時代に乱歩にはまり、全巻読破しておりましたので、懐かしさもあり…

素晴らしい作品をありがとうございましたm(__)m
これから何度も聴き返すことは間違いないですね(笑)

お疲れ様でした。
【2014/10/31 18:28】 URL | 潮音 #kpjYxc8I [ 編集]

朗読
「押絵と旅する男」の視聴させていただきました。
久作さんの味のある語り口に和ませていただきました。
滑舌が悪いとおっしゃっておられましたが、なかなかどうして。
わかりやすい語りと感情移入しやすい内容で引き込まれました。
全編聞きたいと思いました。
お疲れ様でした。
【2014/11/01 09:40】 URL | 村木じんごろう #rsu6TmGk [ 編集]

これはすごい!
なんという自分のツボをついたラインナップ‥‥!!と思いました。
早速iPadから視聴できるのかと思い行って見ましたが、私のiPadは子供もさわるので、設定で制限がかけられているのか「お繋ぎできません」と出てしまいました‥‥すごく気になりますT_T
携帯をスマホに買い換えたらぜひぜひきいてみたいです!!
人でなしの恋なんかも、個人的にすごく好きな作品です。
朗読って難しいでしょうね。
サイトの嶋田さんの紹介文で「唯一無二の存在感」とあるのを見て、やはりそう思いますよね〜と1人頷いてしまいました。
【2014/11/06 10:36】 URL | nori #cxq3sgh. [ 編集]

コメレス
>潮音さん
お聴き頂きありがとうございました(^^)
長くて大変でしたでしょう(^^;
主人公の淡々としたモノローグの前半と
老人の次第に興に入る相手への語りの後半とで
雰囲気が大きく変わるので
その辺が上手く行いっているか、
また、最後主人公の方に戻って
それ程ない尺で終わるので、
話が纏まるかと色々心配しましたが、
楽しんで頂けていれば望外の喜びです。

>村木じんごろう
ありがとうございます(^^)
やはり滑舌は問題ですが(^^;
成る可くお聞き頂く方の耳元で話している感じで
やってみました。

>noriさん
そうですね。
皆さんそれぞれご自身の特徴を活かす方法で語られているので
一口に朗読といっても幅がある感じですね。
僕のは一番不器用さが出てしまっているかもしれません(笑)
でも何となくお話は終われている気もするのですが。
機会がありましたら、宜しくお願いします。
【2014/11/06 23:20】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する