猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

『クローンは故郷をめざす』TV放映のお知らせ
先日、以前お世話になった中嶋莞爾監督からメールを頂きました。

以下、抜粋です。

ー『クローンは故郷をめざす』TV放映のお知らせ ー
12月2日(金)午後1:00~2:52 NHK-BSプレミアム
(詳細はこちら http://www.nhk.or.jp/bs/t_cinema/calendar.html
震災の影響で3月の放送予定がしばらく延期となっておりましたが、この度「BSシネマ」枠で初放映となります。
BSデジタル放送の高画質にて、改めてご視聴頂ければ幸いです。



劇場でご覧になれなかった方、この機会によろしくお願いしたします。



今日の一枚。

P5281381.jpg


この記事に対するコメント
またしても
拝見出来る環境じゃないので…パソコンを買い替えついでにプロバイダも変えた時にケーブルテレビの契約もどうですかと言われたのですが、お金がかかるのと今の状況で家族全員困らないので、契約しなかったんです
ニーカちゃん、可愛い後ろに有るのはなんでしょうか?
筋肉痛、次の日に腕にきまして、仕事がしづらかったです午後からは大丈夫でしたが
【2011/11/24 12:37】 URL | 芳江 #c.SUbyXc [ 編集]


今日のランナウェイを見ました^^
鬼塚警部が後一歩で逮捕っていう場面はドキドキしました!
九州から毎回ギリギリのところで逮捕を逃すという気持ちって実際に鬼塚警部を演じてどう感じてますか?
もう最近は「鬼塚警部、もう一歩踏み出して!」って思い始めてます(笑)
【2011/11/24 22:25】 URL | きー #- [ 編集]


『クローンは故郷をめざす』観たかったんです・・・でも、芳江さんと同じで観れません。またレンタルします。
『ランナウェイ~』第5話また書き込まさせて下さい。今日は眠い・・・です。

嶋田久作さんの出演作品みてます。今日は『D坂の殺人事件』
赤貧状態で登場する明智小五郎に・・・・・・絶句。
この様な、おもしろい登場方法もアリなんだと思わされました。
「~でしょ。」「~なんですよね。」と優しい口調。そして感情を顔に表さない
嶋田版明智小五郎。好きです^^
保管倉庫での犯人とのやりとりおもしろかったです。実相時監督ありがとうございます。
『K-20』で嶋田久作さんの腕と手と指の動きがステキだったのですが
『D坂の殺人事件』でも大江春泥の絵や、お蝶さん写真帳や、心理実験の調書に触れるときの嶋田久作さんの手がもうステキすぎて参りました。
変わっていますよね。・・・嶋田久作さんの手は、なつかしい方の手に似ているのです。

で、深夜にコンナ事を書き込んで朝きっと後悔してるんだろうな自分・・・
ニーカちゃん、綺麗サラサラしてるね。何か、いいもの見つけたのかな?

【2011/11/25 01:55】 URL | 江馬 #- [ 編集]

お疲れさまです
クローン~はDVDで拝見しました
残念ながら、放送は見れませんが
鬼塚警部がこれからどうストーリーに絡んでくるか楽しみで毎週木曜日は見逃せないです
【2011/11/25 19:00】 URL | 着ぐるみ #pExOhW.s [ 編集]

予約完了!
ごきげんよう!
警部!BS予約完了しました(`_´)ゞ
楽しみです。保存版にします♪
堂本さんとの痛い思い出?(?_?)他にあったのですね・・・ファンの方々がビックリするような(;゜O゜)相手が優しそうな人で良かった~♪
魔法の国に迷い込んだようなニーカ嬢 不思議な魅力ヽ(≧▽≦)/素敵なお写真です!!
【2011/11/26 05:46】 URL | KAKO #- [ 編集]

★こんにちは★
NHKのサイトであらすじを読みましたら、以前よく読んでいた
SF漫画に雰囲気が似ているなぁと思いました
そして、作品の公式サイトを見ましたら、TOPページに
その漫画家さんがコメントを寄せていました^^
俄然興味が沸きましたので、拝見させていただきます♪

ランナウェイ次回予告、ワイナリー(?)の中で走ってましたね
早く見たいです
(その分、最終回が近くなると思うと寂しいですが)
【2011/11/26 11:02】 URL | 淳子 #.zNWIalM [ 編集]

コメレス
>芳江さん
後ろは、以前にも写っているのですが、
僕が敬愛しているフランスの映画監督、
故ロベール・ブレッソン氏の作品、
『湖のランスロ』のポスターです。
馬上の騎士が槍で刺され、馬が転倒している場面です。
僕より回復が速い(^^)
お互い、体を労りましょう。

>きーさん
はは、詰めが甘かったですけどね(^^;
変な話ですけど、シーンに写っている間の感情の変化は
時間軸に沿って埋めるというか、感じ続けなければと
思うのですが、カットがかかれば、そこから離れてしまいます。
だから鬼塚がどう感じているかが台本上に表現されていなければ、
僕には関わりがないというか、鬼塚にとって僕は他人となります。
鬼塚、多分初めの頃は断腸の思いだったかと。
今は様々な思いの中での追跡だと思います。

>江馬さん
そうですか、是非レンタルでご覧頂ければ有り難いです(^^)
ああ、物腰は柔らかいし、ジェントルですけど、
内面はエキセントリックで心理には詳しくとも、人情を解さない
人物かもしれませんよ。
『K-20』の手のアップ、実は仲村トオル氏のものなんです。
実際には僕が松たか子さんとの一連の芝居でやった仕草を
仲村さん曰く、忠実に真似たとの事。
僕が思うに仲村さんの手の方が少しばかり大きくて、
しっかりした感じでした。
まあ、僕の手も小さくはありませんけど(^^;

>着ぐるみさん
『クローン~』ご覧頂きありがとうございます(^^)
少しづつですが、鬼塚の現在の心境を推し量れる工夫を
していますが、未だあと2話くらいは分かりづらいかもしれません。
最後迄お付き合い頂ければ幸いです(^^)

>KAKOさん
ありがとうございます。
なかなかテレビで放映される機会は少ないと思われるので、
楽しんで頂ければ幸いです。
ええ、お互い人見知りで少し内気なのが共通してますかね(笑)

>淳子さん
ありがとうございます。
是非ご覧頂き、お楽しみ頂ければと思います。
多分走っているシーン、編集上はそんなに長くないと思いますが、
撮影分を想像してご覧頂ければ有り難いです(笑)
【2011/11/26 19:10】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]

目‥覚めちゃいました。
『クローンは故郷をめざす』観ました(^^)
耕平は、あの後どうなったのか?
嶋田さん演じる所長、素敵でした(^∀^)
クローン人間を生み出す事、現実世界では御法度。
しかし、可能になったらどうなるか?
最期の記憶は、死を覚悟(自覚)した現実。
でも、目覚めてしまう。戸惑いを通り越して、精神的にやられてしまいそう。
命には限りがある。それ(自然)が一番ですね。
【2011/12/03 04:55】 URL | 千鈴 #1npxdbug [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://9saku.blog102.fc2.com/tb.php/483-b161e521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)