猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

バッハのクラヴィーア曲
長かった夏休みも終わり、そろそろ次の仕事の準備に入ります。
体が緩み切っていて戻すのに時間がかかりそうです(^^;

休み中の映画や本の話はしましたが、音楽の話をひとつ。
この間やった短編映画に使う音楽にクラシックのピアノ曲が
合うのではないかという事で、意見を求められ、何曲か推薦したのですが、
その中にバッハのカンタータbwv106をピアノで演奏しているものがありました。

それがきっかけとなって、バッハのクラヴィーア曲を纏めて聞こうと思い立ち、
どうせなら若い時分に嵌まっていたグールドではなく、最近演奏されたものを
聞いてみようと好みの演奏を探しました。

選んだのがEvgeni Koroliov(エフゲニー・コロリオフ)さんの演奏、
平均律クラヴィーアの1,2巻とクラヴィーア練習曲集の1巻から4巻の
オルガン曲を除いたものを集めたのですが、
コロリオフさんがまだパルティータを出していないので、
それはVladimir Feltsman(ウラジミール・フェルツマン)さんのものに。
両氏とも存知上げなかったのですが、とても素晴らしい演奏で、
久々のバッハを堪能しているところです。

※ 練習曲集、iPodに結局残してたのはパルティータとゴルトベルク変奏曲のみで
 2巻、3巻はオミット、インベンションとシンフォニアが替わりに入っていました。


今日の一枚。

nika110816.jpg


この記事に対するコメント
おはようございます。
夏休み、ゆっくり出来て良かったですね(^.^)
クラシック鑑賞ですか(^^)最高の朝ですね♪
次の仕事、頑張って下さいp(^-^)q
今日の一枚。ニーカちゃんの目に惹きこまれました。
【2011/08/16 10:15】 URL | 千鈴 #1npxdbug [ 編集]

クラシック
嶋田さんは様々な分野に興味があるんですね!?私は短大時代に聞く機会が有りましたが、睡魔との格闘でした会社の同僚の方も、寝れない時に聞く子守歌代わりだと
私もお盆休みを4日間もらえ、その2日前からは残業も無かったので、ゆっくり休む事が出来ました明日から仕事なのでリズムを戻さないと
ニーカちゃんの表情を見ていると大家さんが飼っている猫ちゃんを思い出します同じような感じで、見られるので…ニーカちゃんこの時は何を見てたのかな?
【2011/08/16 21:11】 URL | 芳江 #c.SUbyXc [ 編集]

気愛!
ごきげんよう!
お盆休み呆けです、朝から何回も気愛を入れてみましたが、ダメです。(-_-;) 嶋田さんはクラシックもお詳しいのですね 凄いナァ バッハ・・・音楽室の壁の最初の所に必ず難しい顔して居てはった、顔デカっ、あのカツラの下どんな髪型?・・・オルガンの曲しか記憶に無い(T^T)今度、嶋田さんの映画を拝見する時、曲を聴くのも楽しみにします!!
ニーカ嬢 少しお姉さんの表情ですね~ 
【2011/08/17 10:33】 URL | KAKO #- [ 編集]

コメレス
>千鈴さん
ちょっとゆっくりし過ぎな感じが(^^;
まあ、鑑賞というより流し聞きですけどね。
ありがとうございます。頑張ります(^^)

>芳江さん
音楽は何でも聞く方なんです。
僕も音楽の種類を問わずよく寝ます(笑)
お休みしっかりとれたようで何よりです。
僕はちょっと長めだったので、お芝居の仕方忘れてしまいました(^^)
ニーカ、このときは何を見てたかな?
立っている場所は僕の目線より上なんですけどね。

>KAKOさん
休みが続くと戻すのに時間が必要ですよね(^^)
クラシック、そんなに詳しくありません。
上に挙げたお二方、クラシックを聞く人なら知っている方が
普通なくらい、ご高名なんです(^^;
若い時に聞いた演奏者の記憶が強いので、
たまには新しい方ので聞いてみたのですが、
結局平均律はグルダさん、ゴルトベルクはグールドさん
に戻しました。
好みは中々変わりませんね(^^;
映画、どんな曲を使うのか僕も興味があります(^^)
【2011/08/17 23:31】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]

ぐぅ~ぐる
嶋田さんって,知識の宝庫ですね!!
次から次と横文字が飛び出して,最近の私はGoogle検索に大忙しです(^^;
ペソア詩集,読了しました。
協調性に乏しい私は(^^;文体から書き手の「個」が強烈に滲み出す詩は,正直苦手分野です(汗)
が,ペソアさんは「これって私のこと!?」と錯覚させる魔術師みたい!
私もペソアさんの真似をして,(いつものように長~い^^;)感想を綴ってみました。


私は誰か?
この本は,この世で一番身近な他人である「私」を探索する旅のチケットである。
私という確固たる存在は,一体いつ形成されたのか?
真実だと信じている領域は,果たして本物なのか?
食べ物の嗜好と同じく,実は何者かによっていつのまにか刷り込まれた偽物ではないのか?
いま,この瞬間に向き合っている私は,自ら造り上げた理想の虚像ではないのか?
私を覗き込もうとすればするほど,心の眼に靄がかかる。
鏡を覗くようには上手くいかない。
それ以前に,私の精神は何処に存るのか?
空中を浮遊しているようでもあり,脳内に木霊(こだま)する別の声を忠実に反芻しているようでもある。
油断すると,無意識というブラックホ-ルの渦に飲み込まれそうでもある。
精神が「考えること(=脳)」であるとするならば,感情は「感じること(=心)」と区別できるのか?
それとも合わせ鏡の如く,心と精神は一体化するものなのか?
精神の在処同様,心もまた不可解な存在である。
もしも,外見や社会的身分といったタグを外されたら,私と他人との境界線はどこにあるのだろう?
私の精神は空気中で他人の精神と融合し,気化してしまうのではないか?
だとするならば,肉体は精神を閉じこめる箱なのか?
人間は混沌(カオス)の生き物である。
この混沌(カオス)というメビウスリングの終焉が見えたとき,私は何をするべくこの世にやってきたのか,どんな特別な伝言をたずさえた使者として存在するのかを自分に証せるであろうと信じたい。

なんちゃって(笑)
ニーカさんのBlueに輝く瞳に吸い込まれそうです*^^*
夏休み明け,最初のお仕事は何でしょう?
近況報告を楽しみにしています♪
【2011/08/18 15:36】 URL | tyuya #- [ 編集]

おひさしぶりです
  嶋田さまへ

 いやーきょう8/20はすずしかつたですよ。
夏はこもっておりました。
家のなかが安全。
で。ひさしぶりにのぞきましたら。
ニーカちゃん瞳の色素敵です。いままできずかなくて
ごめんなさい。

 で、バッハですかーこれはエチュードといってもコンサートに
だされるかたもおります。
わたくしももっているのにクラヴィーアありそうです。

どなたかもおっしゃっていますが。指つります。
きょうもずーと練習一時間だいたいですがやっていますが
まだ「月の光」ドヴィツシーやってひっかかっています。

 で得意のノクターンでごまかして指へなへなです。
音楽クラシックコンサートこれからどんどんきますから
いくつか聴きに参ります。
友人のもー宣伝にでていたのでもうしますが
「strangers 6」これはwowowでやるものです。
まだ韓国から中国へと撮影がまわってもう少しすると
帰ってくるということです 飯田譲治さんが監督やっています。

 11月ころか下旬かだといっていました。
゛そのあいだに嶋田さんが素敵な作品出演されたらまたここで
お教えください。拝見観劇なんでも昼でしたらのこのこまいります。

お元気そうでよかったです。三人なかよくおすごしくださいね。
      ではまた

  flora

 
【2011/08/20 17:31】 URL | flora #t03zFCT2 [ 編集]

コメレス
>tyuyaさん
ペソア詩集の感想、ありがとうございます。
僕は不安の書、まだ読み終えていません。
量的な問題もあるのですが、韻文と散文の違いもあって、
tyuyaさんがご指摘の「私」の問題、
ペソアさんが言葉の使い方に長けてらして。
決して押し付けがましい感じではないのですが、
ずっと読んでると少し胃に凭れる感じがして、
気が向いた時に少しづつページを開くことにしました(^^;
いや、「不安の書」が良い書物であることには
変わりないのですよ。
最初の仕事は、お世話になった故実相寺昭雄監督の回顧展の
トークイベントでした(^^)
トーク、今月中に別のものをもう一つこなさなくては
なりません。

>floraさん
ご自身でも演奏されるのですね。
素敵ですね。
僕はポピュラー音楽ですが楽器を少しいじっていました。
でも手放してしまって久しく、何十年も弾いていません。
偶に弾きたくなるのですが、もう指が(笑)
飯田監督の作品、情報ありがとうございます。
【2011/08/21 12:03】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://9saku.blog102.fc2.com/tb.php/458-c852eb9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)