猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

JT on BShi
音楽ネタが続きます(^^)
昨夜というか日付は今日でしたが、
NHK BShi の James Taylor の 2007年のLiveを観ました。

JTについては、若い頃から聞く機会はありましたが、
60年代後半から80年代前半、
特に70年代の半ば迄の音楽シーンは
激動の時代で、毎日新しい音が聞こえて来ると言っても
大げさではない時期でした。
音楽好きの僕は、その頃の多くの若者の例に漏れず、
それらの新しい音を聞き漏らすまいと聞きあさり、
JTについては、素敵だけど比較的地味な音楽として位置付け、
いつの間にか聞く事も無くなり、
記憶の片隅に追いやって仕舞いました。

彼の音楽を再び聞き始めたのは10年ほど前。
その頃の僕は久々に音楽を纏まった形で聞いていた時期で、
ちょっぴり時流よりも遅れましたが、
シカゴの所謂音響派といわれる人たちの音楽に惹かれていました。
よくCDショップに顔を出してはその一派の新譜探しをしていましたが、
CDをあさっている中で、ふとJTの「Hourglass」(1997)に手が止まり、
懐かしさと、それがグラミー賞を受賞した作品だと
知っていた事も相俟って、ついつい購入した事がきっかけです。
次作の「October Road」(2002)も素晴らしい出来でした。

数年前、大リーグの野球中継を観ていたら、レッドソックスのホームゲーム
だった事もあって(JTはボストン出身)、試合前、突然JTが登場、
アメリカ国家を歌い始めました。
慌てて家内に録画ボタンを押させ、間一髪セーフ(^^)
余り好きな歌詞でも無いし、9.11以降この歌を聴くのは
特に気が重かったのですが、
JTはこれがあの曲かと思う程美しいコード使いで
ギターをつま弾きながら、優しく歌い上げました。
僕にとってはウッドストックのジミヘン以来の衝撃で、
すっかり彼のファンになりました。

因に、昨日のライヴ、僕が観損ねていたものかと思ってドキドキしながら
構えていたのですが、「One Man Band」(2007)に付いていたDVDと
同じ内容でした。ちょっぴりがっかり(^^;

でも引き込まれて最後まで観て仕舞いました(笑)



今日の一枚。西尾さんに頂いたマタタビの木にやられた茶トラ君?その2 ※クリックを

cyatora090921.jpg


追記:MLBの試合、通常のリーグ戦では無く、ワールドシリーズだったと、
 家内から指摘されました(^^;


この記事に対するコメント
James Taylor
Amazonに聴きに行ってきました。
ブラック系の要素が入っていたりして、わたしは好きです。ヘッドフォン越しに目を閉じてじっくり聴きたいと思いました。
J-popよりは、洋楽が好きですけど、アーティストはよくわからず、耳に入ってきた楽曲で、「あ、これいいな♪」って感じで入っていくことが多いです。
久作さんには、いつも感心させられます。音楽に書物に芸術に、視野が広いな~と。
そんな久作さんに影響をうけたおかげでipodを買ったようなものですよ♪

茶トラに激しく反応i-237
うちのこがひっくり返っているかと思った(笑)
”マタタビの木にやられた”にうけましたi-278
【2009/09/21 22:45】 URL | みわこ #WG3/H9bE [ 編集]

音楽づいてますね(^^)
はい、ラフォーレ、テーブルがキーボードに見えました11月の飴屋さんのサイコシス観に行きます楽しみです10月もトゥバクィズィ(女性ホーメイグループのゲストで山川さん出演なさるそうでそれも観に行きます。おかげでお金が貯まりません(笑)久作さんの演奏もいつか披露してください飛行機乗って観に行きますよん(笑)にゃんこ特撮できる方ホントすごいですよね~あちこちにアンテナ張り巡らせてるんでしょうね私もそこまでは…ってか、デジカメ買わなきゃ(笑)JTに関してはあまりよくわかりませんが(機会あれば見てみます)ジミヘンを初めて見た時は私も衝撃的でした音も彼自身もかっこいいですよね茶とら君可愛い~
【2009/09/21 22:56】 URL | みけにゃん #- [ 編集]

コメレス
>みわこさん
さっそく試聴して下さるとは(^^)
JTは作曲、歌、ギター全てが高い水準にあって、
感心することしきりです。
一般には「Hourglass」のほうが「October Road」よりも
評価が高いみたいですが、僕は「October~」のほうが好みです。
「Hour~」は音が響き過ぎで、ちょっと(^^;
あ、でも勿論良いアルバムですよ(^^)
iPod、音質について色々言われますが、iTuneとの組み合わせ、
兎に角便利ですよね。
ただ、iTuneに僕が探しているアルバムが無い事も多く、
それが意外でした(^^;
茶トラちゃん、本当にうっとりしてました(笑)

>みけにゃんさん
やっぱり(^^;
飴屋君、今年は舞台の演出が目白押しですね、嬉しいです(^^)
JT、薄っぺたい表現になりますが、
知り尽くした大人の音といった感じです。
ジミヘン、実物は当然見てないです(^^;
映像ではモンタレーのライヴかウッドストックか、
どちらかが最初だったと思いますが、定かではありません。
兎に角、音に驚いた方が先でした。
最初が「Are You Experienced?」、そして結局彼のアルバムの中では
一番のお気に入りというか、これだけは古びて無い感じがして、
今でも時々聞いています。
但し、「Are You ~」まで、「Hey Joe」以降の曲目は
入れていません(^^;
JTとジミヘンを並べたのは、双方の「アメリカ国家」演奏についてです。
ジミの爆音とJTの静謐、対極的なものでしたが、
どちらも心に強く残るものでした。

【2009/09/22 00:36】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]

Fela Kuti
みわこさんがブラック系がお好きということで、
僕のお気に入りのミュージシャンを一人、
ナイジェリア出身のアフロビートの祖、
Fela Kuti です。
80年代初頭、所謂ニューウェーブが盛んだった頃、
Talking Heads がアルバム「Remain in Light」を作る際に
影響を受けたと言っていた、今となっては伝説となった人物です。
彼は60年代後半から活動を始めましたが、70年代に全盛期を迎えました。
数多くのアルバムを残しましたが、惜しくも1997年に他界されました。
僕も当時から彼の音楽を聞きまくって、影響されました。
実際、それ風の音楽も作り、LIVEで踊りながらキーボードを弾きまくるという
馬鹿もやっていて、飴屋君が見た僕のLIVEもそれでした(笑)
最近は体力も落ちて(^^;それと共にFelaを聞く事もめっきり減りましたが、
ついこの間、彼の晩年の作品をiTuneで落としました。
若い頃より激しさは影を潜めましたが、アレンジがより複雑になり、
演奏も洗練されたものになっていて、今の僕にはこちらの方が好みです。
内に秘めた熱さという奴ですかね。
それでも普通の音楽に比べたら熱すぎるくらいですけど(笑)
【2009/09/22 02:46】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]

ウッドストックのジミヘン♪
懐かしい(?)フレーズに思わず出てきちゃいましたe-292

現実のジミヘンには遅れてきた世代ですが、6歳上の従姉の影響で、わけもわからず付き合わされての出会いでしたe-330
時には年齢詐称を疑われたことも…e-329
一時期離れても、ふと思い出し聴いてみると、新鮮だったりより深く感じ入ったり…。

茶トラ君、完全にノックアウトされてますねe-261
またたびは私は使ったことはありませんが、先代猫は石鹸に「またたび反応」でしたe-351
【2009/09/22 14:48】 URL | モカのママ #iBmCxbjg [ 編集]

ご紹介ありがとうございます♪
トランペットやサックスといった楽器を巧みに操り、独自のスタイルで演奏し歌う様子をyoutubeで観ました。
熱いですね(笑)
久作さんのliveのイメージが湧きました(笑)
ジャズを基調としたそのサウンドももちろんですが、それを生み出すに至った彼の経歴にも興味が湧きました。「闘うミュージシャン」と形容している人がいましたが、なるほど、うなずけます。
音楽は、純粋に音を楽しむというのもありますが、その中に含まれているメッセージや生み出された過程を知るとまた違って聞こえてくるような気がします。
特に、言葉が解らないと、せっかくのメッセージが伝わらなかったりしますからね。
それと、ポールマッカートニーと関わりがあったのも驚きです。

ああ、また、久作さんのおかげで、貴重な存在を見出せました!!
ありがとうございます!
【2009/09/22 21:07】 URL | みわこ #WG3/H9bE [ 編集]

コメレス
>モカのママさん
そうですね。あれから40年ですもんね(^^)
僕は当時中学2年生で、もうバリバリのロック少年でした(^^;
ノスタルジーで音楽を聞くということはしないので、
当時嵌まっていた音楽でも、
今は全く聞かなくなったもののほうが殆どで、
今でも聞いているものは本当に限られます。
僕のiPodにはそれらの古くからあり、
今でも新鮮に感じられる少数のなじみと、
多分古びないであろう最近のものが入ってます。
でも最近のものは風雪に耐えていないので、
時が経てば入れ替わる可能性大ですけど(^^;
僕は最近ノックアウトされる事がありません。
茶トラ君が羨ましい(笑)

>みわこさん
みわこさんに言われて気が付き、僕もyoutube覗いて来ました。
結構あったのでビックリ。
でもまあ、考えてみれば当たり前ですね。
当時、日本でFelaを聞いている人は、まだそれ程多く無く、
レコードを手に入れるのも結構大変でした。
ポールとの事は知りませんでした。
クリームのジンジャー・ベイカーが早くから彼を認めていたのは
知っていたのですが。
そんな、感謝されると恐縮です(^^;
人間が古いので、昔の音楽を知っているというだけです。
【2009/09/23 10:46】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://9saku.blog102.fc2.com/tb.php/254-f21648ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)