猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アラーム
昨夜、寝しなに家内から、今夜が生前の「みあ」との最後の夜であったとの一言。
「みあ」が逝ってから今日でまる二年です。

ちょっと早めに買出しに行き、花も供えたので、
昼間からワインを飲みつつテレビを見てぐだぐだしていると、突然の着メロ。

家内が、出先で慌しかった場合に備えての、「みあ」の臨終の刻を告げるアラームでした。

14時25分。


今日の一枚。
004miamia.jpg


この記事に対するコメント

種族の違う家族として一緒に暮らし、いつか来る日を覚悟していても、
人より先に逝ってしまうんですよね……。うちには、猫のくろっぺより一年早く、
犬のムクオが居ました。18年生きて、一昨年の秋に他界したのですが、何となく
今でも居るよな気がしてしまいます。

みあちゃんは、嶋田さんと奥様に愛されて、喜んでいたと思います。
みあちゃんも最期まで、嶋田さんと奥様を愛していると、想っていたのではないでしょうか。
言葉は通じなくても、心は通い合うのですから。
【2009/02/13 20:35】 URL | はぴねすw #- [ 編集]


今でも、二人に大切に思われてみあちゃんは幸せですね。
家にも猫がいます。別れを考えると、とても辛いけど。
その分、今一緒にいる時間を大切にしたいですね。
【2009/02/13 22:04】 URL | sora #- [ 編集]

時間
みあちゃんのその時の瞬間を、大事になさっているおくさまの、思いが伝わってくる出来事ですね。
時間は誰にでも平等に与えられますが、こちらの都合などお構いなしに過ぎていきます。
生きているものにとっては当たり前に過ぎていく時間が、そこで止まる非情。命の境界線を感じる瞬間。
時間を止めることができたら。時間を取り戻すことができたなら。
わたしは、日曜の夕方のその時間になると、愛犬との最後の瞬間が思い出されて胸が締め付けられます。
でも、忘れたくない大事な時間でもあります。
久作さんとおくさまお二人で、みあちゃんを送ってあげられたことで、みあちゃんは満足していることでしょうね。そして、今でも久作さんとおくさまと、ニーカちゃんのそばにいるのですね。
それをぼんちゃんは、静かに見守っていることでしょう。
【2009/02/13 23:56】 URL | みわこ #WG3/H9bE [ 編集]


私も、毎年「○年前にあの子がお星様になった日だ…」と思い出す日があります。
空を見上げて、今こんな事頑張ってるよ!って報告してます☆

すっごーく性格の良いニャンコだったんですよ!!
1回も怒ったトコロを見たことなかったなぁ。
【2009/02/14 00:11】 URL | 麗 #- [ 編集]


久作さんの言葉から
大きな愛情を感じ(^-^)
最後にみあちゃんの顔をみたら
涙が溢れそうになりました

別れを思うと辛いですが・・・
仔猫の“ちぃ”と偶然出会えた喜び
一緒に過ごすかけがえの時間
もっともっともっと大切にしたいと思いました







【2009/02/14 00:29】 URL | こはる #- [ 編集]


おはようございます。
昨日、お得意様とのお話で、一緒に暮らしていたワンちゃん(享年17才)の話を聞いていました。
僕も10年ほど一緒に暮らしていたジェリー(犬)の事を話しました。
お互いに目頭が熱くなりながら、「生きる」について話しました。
でも、僕はリサ・ランドール博士の理論をチョット借りて、こう考えます。
心が体を動かす。心は5次元を通り抜けることができる。
現3次元での生きる定義と、その他の3次元での生きる定義は違う。
だからきっと、亡くなった命に宿っていた心は、認識できない次元でいつも、今も存在し
生きていた時に、つながった心は、命の有無にかかわらず、アクセスすることができる。
”ふと気づく” そんな時は、逆にアクセスされているかもと思います。

「ハゲタカ」応援団

【2009/02/14 08:44】 URL | 桜木町のぱく #xRS1q4qQ [ 編集]

みあちゃんは幸せだったと思います[i:63942][i:63903]
ブログ読んでると久作さん夫妻に愛情いっぱい注がれてたんだなぁ~とジーンとして涙が出そうでしたウチの一代目みけにゃんの事もダブっちゃって…今は6歳で逝ってしまった兄弟のともちゃんと天国で仲良く遊んでると思います落ち込んでる時にはスッーと寄ってきてピタッと私に引っ付いたり…何度癒しと元気をもらったことか…ありがとうの一言ですこのコメント書きこ込みながら涙ぐんでます長くなってすみませんついついニャンコの事になるとですね…
【2009/02/14 20:30】 URL | みけにゃん #- [ 編集]

コメレス
>はぴねすさん
ムクオ君、長寿でいらしたんですね。
不在である事で常に側らに居る様な心持がする感覚は僕も持っているので、
はぴねすさんのお気持ち、理解できるような気がします。
暖かいお言葉ありがとうございました。

>soraさん
有難うございます。
そうですね。
共にいる事に感謝して、その時その時を精一杯生きたいものです。

>みわこさん
お言葉有難うございます。
別れは否応無くやって来るものですね。
みあを送る事で、生きて逝く生き物のあり方を目の当たりにし、
遅ればせながら、命というものを実感しました。

>麗さん
僕も麗さんと同じようにみあに話しかけてますよ(^^)
大切な思い出を胸に、お互い頑張って生きて行きましょう。

>こはるさん
ええ、「今」を大切に(^^)

>桜木町のぱくさん
僕の感覚よりももっと向こうからの働きかけを
実感されておられているようですね。
僕も「想う」ことで、みあを失う前の自分とは何となく
変わっているというような感じがあり、考え方では、
向こう側が僕に「想わせて」いると捉えれば、そこでお互いのアクセスが
成り立っていると言えなくもないような。

>みけにゃんさん
生活を共にしたものを失うのは、お互い辛いですね。
御察し致します。
僕はそんな時、みあが元気を出せと言っているに違いないということにして(^^;
前を向く事にしています(^^)
【2009/02/19 19:11】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://9saku.blog102.fc2.com/tb.php/183-398377b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)