猫可愛がり。だからダメなんだ

~嶋田久作blog~
嶋田久作の日々の出来事と、仕事情報。
プロフィール

9saku

Author:9saku
嶋田久作の日々の出来事や仕事情報を綴る日記。

名前:嶋田久作
生年月日:1955年4月24日
出身地:神奈川県
血液型:O型
身長:180cm
体重:68kg
家族:ヨメ一人、猫ひとり

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

一周忌
m0213.gif

今日は先代猫「みあ」の一周忌でした。

みあは家内の連れ子で、小さい頃の事は僕は知らないのですが、
21歳で死ぬまでの約18年、一緒に暮らしました。

子供のいない僕達夫婦にとってみあは子供同然で、
その18年は、忘れられない「さんにん」での生活でした。

最後の二年は週に2回の点滴や、発作での救急病院通いなど、
僕達もいろいろと心身ともに大変でした。
それでもみあは、目が見えなくなって1年二ヶ月、寝たきりになって五ヶ月、
一生懸命生きました。
心臓が強い、ただそれだけで、最後の数年は生きていたのかもしれません。

去年の2月13日、家内が台湾から帰ってきて、僕もその日だけがオフでした。
一日早くても、一日遅くても、二人が一緒にみあを送ることは出来なかった。
そんな日を、みあは選んでくれたのかな。

m9.jpg

上の写真は、みあが亡くなる前の年の夏、病院から帰る車中です。
この時は発作でもなくて、だから僕もこんな風に笑っていられたんだと思います。


みあ、大好きだよ。
忘れないよ。

僕達はそんな風に思いながら、毎日を過ごしています。

この記事に対するコメント
良い話ですね
なんか しんみりしちゃいました。実は 我が家も ワテが 高校生の頃から 18年間共に過ごした愛猫 ミッチーがいました。名の由来は 当時テレビでやってた 熱中時代~刑事編~に出てた ミッキー を 親が聞き間違えて猫に付けたんです。なんか 時代背景見えちゃいますね。いつかは その日が訪れると覚悟はしてても 長生きすればするほど 別れはツラかったです。亡骸入れた箱には 大好物だった イカの燻製を 入れて送り出しました; あぁワテも しんみり…
【2008/02/13 23:29】 URL | Qちゃん #- [ 編集]

共感します
私も今までに一緒に過ごしたネコたちに、ずっと大好きだよと言う気持ちでいます。未練がましくも今でもそばにいてくれるような気がして…。
忘れないという久作さんの気持ちに共感です(涙)
【2008/02/13 23:50】 URL | なお #- [ 編集]

かけがえのないもの
前にもしましたが私は今にゃんこと暮らしていませんが、昔は一軒家だったので、にゃんこは物心ついた時からいました
残念な事に親の店がうまくいかなくなり、不思議と猫は亡くなり家を手離す頃は全員いなくなりました

歴代のにゃんこは、かなりの数、すべての子を忘れていません

今は一人暮らし、猫のいない暮らしが寂しくて

一周忌してもらえるなんて幸せなにゃんこです

【2008/02/13 23:51】 URL | ねこ姫 #- [ 編集]

みあちゃん・・
タイトルのねこちゃん、きっと、そんな事情がおありなんでしょうとは思っていましたが・・
どんなに長生きしても、どんなに覚悟はしていても、まだまだ一緒にいたい。
子供同然に暮らしていたら、なおさらです。
久作さんの気持ちが手に取るようにわかります。
私も、昨年の4月22日に、目に入れてもいたくないほど可愛がっていたシーズー犬の「ボク」を、心臓発作で亡くしました。亡くなる4ヶ月前に倒れてからは、通院と看病の毎日でした。一時は良くなったように見えたのですが、失神を伴う発作を繰り返し、最期は私の腕の中で虹の橋に旅立ちました。覚悟はしていたのですが、当たり前のように存在していたので、喪失感といったら・・
その時既に暮らしていたねこの「ミミ」がいなかったら、「症状」はもっと悪化していたことでしょう。それでも、「ボク」を探して休みごとにペットショップに足を運んでいました。2ヵ月後に2代目の「もも」に巡り合い、今ではネコと犬の壮絶な闘い(笑)に癒されています。
携帯の待ち受け画面に残っている画像に「大好きだよ!ずっと一緒だよ!」と毎日語りかけながら・・ (私的な話でごめんなさい)
みあちゃん、きっと、久作さんや奥様、ニーカちゃんを見守っていてくれていることでしょうね。(合掌)
【2008/02/14 00:06】 URL | みわこ #- [ 編集]

同じ愛猫家として
嶋田さん、初めまして。
Bobaさんのブログで知りまして、リンクリストに載せさせて戴いております。
ウチの子はまだ1歳ちょっとですが、やがてはその日が来る事を肝に命じて世話をさせて戴く事を決めました。
それにしても、21歳とは長命だったのですね。
幼き頃からのケアが有ってこその賜物かと感じます。

ところで、、、この記事を拝見してから思い出しましたが、、、今日は母親の命日でありました(←親不孝モンが!)
偶然とは言え、この点はみあちゃんに感謝です。
完全に忘れてましたから(懺悔)

ご活躍を期待しております。
【2008/02/14 00:11】 URL | Cyber #- [ 編集]


親の愛とか無償の愛ってありますよね。
子供は生まれてきて、幼き頃にしぐさやら笑顔やらで、たくさんたくさん親に幸せをプレゼントしてくれる。
人の親はその”プレゼント”のおかげで一生子供を無償で守ろうとするんだそうです。(普通の人間はね!)
そう考えると2年間の久作さんたちの闘病はみあさんへの恩返しであり、人としてある意味当然かなと考えたり・・・、しかし、いやいや、なかなかできることではないと正直感心したり・・・。
重いですね。
私の”初恋”猫さん(27年前の1月3日没)がなくなった時、そばでお袋がこんなことを言って私を泣かしやがった。
「おかしいね、猫ってふつう死に様をさらさないように山とかに身を隠すんだけど・・・おまえに看取ってほしかったのかねぇ。」

>そんな日を、みあは選んでくれたのかな。
きっとそうだと思います。
【2008/02/14 08:07】 URL | タマの父 #ndKhkusk [ 編集]


すみません、37年前でした。
(久作さんにはどうでもいいことですが、サンケにすまんので訂正させてください:苦笑)
【2008/02/14 08:10】 URL | タマの父 #ndKhkusk [ 編集]

幸せだったね、みあちゃん。
みあちゃん。。
久作さんご夫婦のもとで、本当に幸せな一生を過ごせたんですね。
私もいろいろな子とお別れをしてきました。
それぞれ本当に悲しかったし、辛かった。。
でも、かけがえのない出会いだったんだからね。。
ずいぶん前のことなのに、今でも胸が締め付けられることがあります。
ほかのみなさんも同じですね。。
【2008/02/14 09:15】 URL | aichicoby #- [ 編集]

コメレス
たくさんの暖かいコメント有難うございました。
皆さんそれぞれの思いが伝わってきます。
心から感謝いたします。

>みわこさん
ここにレスするのもナンですが、
前に書いたロシアンブルーが出てくるのはトヨタLEXUSのCMでした。
【2008/02/14 20:03】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


読んでいて、ジーンとしてしまいました。
みあちゃんは久作さんの家族になれて幸せでしたね。
こんなにも愛されて、みあちゃんにもその気持ちは届いていると思います。
私も、もう12年になりますが、最愛の犬ツン太を亡くしました。
元気だったのに、突然に。
しばらくはペットを飼う気にもなれなかったのですが、今は結婚して、主人と一緒に亀の亀太郎を飼っています。
いつか別れの日がくる事は考えたくないですが、それまで大切な家族としてずっと一緒にいたいと思います。
【2008/02/14 21:40】 URL | ふづ #- [ 編集]

(>_<)
わざわざ調べてくれたんですか?ありがとうございます(*^_^*)
私も気になって、CMを注意して見ていたんですけど、これでやっとぐっすり眠れます(笑)


【2008/02/15 00:47】 URL | みわこ #- [ 編集]


久作さん 初めまして。
私も昨年13年供に暮らした「もも」を見送りました。最期の数ヶ月はたびかさなる発作と日に日に痩せていくのを見るのが不憫で辛くて悲しくて。。。それでも仕事が休みで家族が皆そろっていた時間を選んで旅立ってくれたようです。我が家の猫歴の中でも最高最強の「ツンデレ」姫でした。
他にもたくさんの猫さんを見送ってきましたが、誰一人忘れられないし大好きです。久作さんや皆さんのコメントを読んであらためて今までの出会いに感謝です。そして、「みあ」ちゃんや「もも」や皆さんの猫さん&犬さんはきっと猫&犬の天国で私たちのことを見守ってくれていると思います。
【2008/02/16 13:56】 URL | ねこあんま #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/04/03 21:50】 | # [ 編集]

コメレス
>鍵付コメントのCさん
はじめまして。
お気持ち、お察し致します。
僭越ですが自分の経験から述べさせて下さい。
生きている限り、別れは、出会った時からの定めです。
先を見て不安を抱くよりも、一日々々を楽しく充実したものにされる方が、
「その時」の後を含めて考えれば、
時間はかかるかもしれませんが、振り返ったときに、
猫ちゃんと出会った幸福をより感じれるのではないでしょうか。
失礼の段、お許し下さい。
また遊びに来てくださいね(^^)
【2009/04/09 20:53】 URL | 久作 #/3WEEAIQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://9saku.blog102.fc2.com/tb.php/12-250d4b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)